メニュー

HOME  ブログ  成績アップ者を分析する【塾長日記 10月11日】

ブログ

成績アップ者を分析する【塾長日記 10月11日】

2018/10/11
塾長日記

アクロス個別指導学院の塾生が今回の学年末試験で取った400点以上の成績は以下のとおりです。

 T・M  459点、 I・W  425点、 H・I  420点、 M・J  405点
 M・K  402点、 H・O  411点、 Y・M  404点、H・Y  412点
 K・Y  430点

合計9名の生徒が400点アップを達成しました。400点アップ者は塾内表彰です。

それ以外に前回のテストから30点以上得点が上がった生徒が6名出ました。

M・H 67点、 S・Y 59点、 T・M 38点、 R・Y 38点、 H・O 31点、 Y・U 30点、

これまでなかなか結果が出なかったが今回やっと結果が出た生徒。

入塾して1回目のテストで入塾前の成績を上回った生徒、長期に低迷が続いたが今回、向上のキッカケを掴んだ生徒。

400点代前半から450点を越えた生徒などなど、それぞれのポジションは別々ですが、その場その場で全員きれいな花を咲かせたといえます。

これらの成績アップを達成した生徒達を分析すると共通の特徴が浮かび上がってきます。

その特徴を以下に列記しますので、みなさんも学習の参考にして下さい。

1.  長時間自習が出来るようになってきた。
2.  ノートに書く字が丁寧になってきた。
3.  数学の途中式が正しく書けるようになってきた。むやみに暗算をしなくなった。
4.  英語の単語と単語のスペースがしっかり取れるようになって来た。
5. 講師の指示を守って学習出来る。
6. 講師の指導を素直に聞き入れる。

以上が成績が上がった生徒の共通点がです。

一方成績が上らない生徒の共通点は何かというと。

1. 講師の指示が守れない。
2. 講師の指導を素直に聞き入れる事ができない。
3. 宿題をやってこない。
4. 授業中に居眠りをする。
5. 授業中に手遊びをするなど集中がきれる。
6. 講師に授業と関係ない話をする。

以上のような特徴があります。

これをまとめると次の様になります。

A.  講師の指示、指導を受け入れられる、謙虚な心を持つこと。

B.  眠ったり、集中力が切れない様自分で体調管理をしてから、授業に臨んでいる。

C.  自宅学習の習慣があり、宿題を自宅で必ずやって来る。

 

上記の A. B. C. この三つを守れば学力はかならず上ります。

これが学力向上のエッセンスといって間違いありません。